実篤公園の紅葉見ごろに 調布 (東京新聞2013年12月5日 東京)

【東京】
実篤公園の紅葉見ごろに 調布
東京新聞2013年12月5日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20131205/CK2013120502000117.html


画像

見ごろを迎えた、旧実篤邸前の紅葉=調布市で

 文学者、画家として活躍した武者小路実篤が晩年の二十年ほど暮らした家の敷地を利用した調布市実篤公園(若葉町一)で、モミジの紅葉が見ごろを迎えている。

 池は鏡面のような水面に紅葉が映り、天気が良ければ仙川方面の入り口から坂を下りると旧実篤邸の屋根とモミジの間から遠く富士山を望むことができる。

 「ことしは紅葉が遅かったが十二月に入って急に色づいた。光の加減で朝と夕で美しく見える場所が違います。十日ごろまでは楽しめます」と隣接する武者小路実篤記念館の担当者。

 富士山とともに楽しむなら午前中の早い時間がよく、実篤邸の窓に紅葉が映るのは午後三時ごろがお勧めという。
 武者小路実篤は一九五五(昭和三十)年から七六(同五十一)年四月に九十歳で亡くなるまでを同所で過ごし、創作に励んだ。造園などせずに雑木林と湧き水の池をそのまま庭としたため、武蔵野の自然が残っている。

 実篤公園と記念館は月曜休み。入場料は大人二百円、小中学生百円で市内在住の六十五歳以上は無料。公園のみの利用はだれでも無料。 (竹島勇)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック