【週替わりランチ】 東京悪女会 淑女のランチ アンカシェット南青山(本日のランチセット)

【週替わりランチ】
東京悪女会 淑女のランチ アンカシェット南青山(本日のランチセット)
東京新聞2013年11月1日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/gourmet/lunch/CK2013110102000161.html


画像



◆宿泊施設セールス課長・けいこさんのお昼ごはん


 青山通りから一本入った、静かな一画。陽光が降り注ぐテラスは、ひとときの安らぎをくれる。12年前「青山で一番手ごろなフレンチを目指して」(隈部尚志マネジャー)オープン。産地直送の有機野菜を中心とした多種多様な野菜を一皿に盛り込み、女性ファンを増やしている。


 「本日のランチセット」は主菜を肉料理2品、魚料理1品からチョイス。スープと自家製パン、デザート、ドリンクもついて1500円。写真は、ホクホク感たっぷりの品種“恋するマロン”を使った「カボチャのポタージュ」、紅芯(こうしん)ダイコン、マコモダケなど7種の野菜で彩る「乳飲み仔牛ロース肉のグリル 白インゲン豆の煮込み添え」と「紅茶のパンプディング」。メニューは日替わり。常連客を飽きさせない。店名は仏語で「隠れ家」。できれば隠しておきたい店だ。 (さりあ)


 ★けいこさん(52歳・宿泊施設セールス課長)野菜たっぷりで、メニューも幅広い。青山でフレンチなのに、リーズナブル。駅近でアクセスも良く、ビルの1階だけど、ビルっぽさもない。テラスもあって都会のオアシスですよ。


◇港区南青山2の5の8。ランチは11時半~14時半(ラストオーダー)。月曜休。(電)03・5772・1498

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック