『競馬漂流記 では、また、世界のどこかの観客席で』高橋源一郎著(集英社文庫 756円)

『競馬漂流記 では、また、世界のどこかの観客席で』高橋源一郎著(集英社文庫 756円)


画像


世界中の競馬場で出会った、愛すべき馬と人々。ともに心躍る時を過ごし、レースが終われば、「では、また」と故郷へ戻っていく──競馬の悦びに溢れるエッセイの名著、文庫化。(解説/北上次郎)


競馬漂流記 では、また、世界のどこかの観客席で (集英社文庫)
集英社
2013-09-20
高橋 源一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 競馬漂流記 では、また、世界のどこかの観客席で (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



競馬漂流記 [ 高橋源一郎 ]
楽天ブックス
では、また、世界のどこかの観客席で 集英社文庫 高橋源一郎 集英社発行年月:2013年09月20日


楽天市場 by 競馬漂流記 [ 高橋源一郎 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2013年09月20日
・著者/編集:高橋源一郎
・出版社:集英社
・サイズ:文庫
・ページ数:422p
・ISBNコード:9784087451191

【内容情報】
小さな鞄に荷物を詰めて、格安航空券で、どこかの国のどこかの競馬場を訪れる。旅先で待っているのは、鍛えられた名馬たちと、競馬を愛する人々との出会い。ともに熱狂と愉しみを分かち合い、レースが終われば、互いに挨拶を交わして、馬も人も故郷へと戻っていく。“では、また、友よ、世界のどこかの競馬場でー”。競馬を見る喜びと、その旅の記憶を綴ったエッセイの名著が、ついに文庫化。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグにかえて では、また、東京でージャパンカップ92
ロンシャン、小さな数字の大きな意味
ケンブリッジ発12時30分、ニューマーケット競馬場行き
来年のダービー馬を知ってるかい?
アセッサーとその友人たちに乾杯!
昔、わたしの大好きな芦毛がいた
1984年11月10日、偉大な日の小さな出来事
ラリイにまかせろ
ミスター・フラナガンの歌声
一枚の写真〔ほか〕

【著者情報】
高橋源一郎(タカハシゲンイチロウ)
1951年広島生まれ。81年、『さようなら、ギャングたち』で第4回群像新人長篇小説賞優秀賞を受賞。88年、『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞を、2002年、『日本文学盛衰史』で第13回伊藤整文学賞を受賞。06年、『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』により第16回宮沢賢治賞を受賞

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック