ななつ星デビュー 超豪華列車 九州を周遊  (東京新聞2013年10月15日 夕刊)

【社会】
ななつ星デビュー 超豪華列車 九州を周遊
東京新聞2013年10月15日 夕刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013101502000053.html


画像

出発を待つ豪華寝台列車「ななつ星in九州」=15日午後、JR博多駅で

ななつ星デビュー 豪華列車で九州周遊
http://www.youtube.com/watch?v=v75pkCcPxEs



http://youtu.be/v75pkCcPxEs
公開日: 2013/10/15

R九州は15日、豪華寝台列車「ななつ星in九州」の運行を始めた。30億円をかけた­車両は、高級ホテルにも負けない仕上がり。列車で過ごす時間を楽しみながら観光地に立­ち寄るという、これまでにない旅のスタイルを提案する。「世界に誇れる列車」を目指し­、九州の魅力を伝える。

記事詳細
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013101501001721.html

 JR九州は十五日、豪華寝台列車「ななつ星in九州」の運行を始めた。三十億円をかけた車両は、高級ホテルにも負けない仕上がり。列車で過ごす時間を楽しみながら観光地に立ち寄るという、これまでにない旅のスタイルを提案する。「世界に誇れる列車」を目指し、九州の魅力を伝える。


 博多駅発着で、三泊四日で大分や宮崎、鹿児島、熊本を巡る。唐池恒二(からいけこうじ)社長は博多駅での出発式典で「日本の鉄道の旅にとって新たなスタートだ。最高の空間を用意しているので、お客さまは自身の人生を振り返りながら、心豊かになる時間を過ごしてほしい」と述べた。正午すぎ、ななつ星がホームに入線すると、乗客は拍手したり、写真を撮ったりしていた。


 客室は十四室、定員三十人。最も高価な部屋は二人利用で百十万円。この部屋に夫と乗車する千葉県印西市の河合裕子さん(63)は「夫婦とも寝台車、食堂車が大好き。夢がある列車で、一番に乗るのが楽しみだった」と笑顔を見せた。


 国内の予約は、既に来年六月出発分まで完売した。申し込みの半数を六十代以上が占め、抽選倍率は七~九倍に上った。車内には職人や有名企業に特注した品が並び、サービス面では、乗務員二十五人が専用のプログラムで研修を積んだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2013年10月27日 01:26
まだまだビギナーな私ですけど
(^_^;)

鉄道関連を違う視点から‥
o(^-^)o

製造コストが●●億円ですよね
2011年度の公表では年間1億5000万円の利益採算でした
( ̄ー ̄)
が‥‥調度品や人件費のコスト課題で値上げしても
2014年度の利益は
月980万円。年間収益は僅か1億円だけみたいね
(;_;)
海外からの富裕層旅行者だけの対象車両だから‥あのJR東日本(国鉄)東京サロンエクスプレスや夢空間の二の舞にならない事を祈るばかりね
(・_・;)
カシオペア号の収益も公表とは違って‥動労組合発表だと僅か‥年間収益は5800万円だけ。って旅客職員の合理化対策(客車管理職員の解雇や失職保護)だから‥仕方ないかもですね
(・_・;)
いろいろと大人の事情を抱えるJRさん。
あとは洞窟列車(リニア)の2020年開通も課題が沢山だし。

いろいろとコメントごめんなさい。気になる記事だったので‥書き込みさせていただきました

m(_ _)m

この記事へのトラックバック