お座敷列車にマイ自転車 宇都宮市「ジャパンカップ」初企画  (東京新聞2013年10月14日 栃木)

【栃木】
お座敷列車にマイ自転車 宇都宮市「ジャパンカップ」初企画
東京新聞2013年10月14日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20131014/CK2013101402000154.html


画像

ツアーの参加者と自転車を乗せる「華」(JR東日本提供)


 宇都宮市は十八~二十日に市内で開催される自転車レース「ジャパンカップ」の観客向けに、お座敷列車に自分の自転車を積んで都内から来られる特別ツアーを初めて企画した。自分の愛車を持ち込むことで、「自転車のまち・宇都宮」を存分に体感してもらう狙いだ。 (後藤慎一)


 ジャパンカップは今年で二十二回目。世界でもトップクラスの選手が参加し、市街地の大通りを周回するクリテリウムなど、多くのイベントが行われる。全国各地から多くの愛好家が訪れる。


 愛好家には「自分の自転車を持ち込みたい」という要望があるが、従来催されてきたバスツアーでは、自転車は別途輸送するしかなかった。自家用車に積んで持ち込むことも多いが体力的に負担が大きい。このため、市はJR東日本や近畿日本ツーリストと検討。愛好家同士で移動中も楽しい時間帯をすごしてもらおうと、特別列車を仕立てることにした。


 ツアーは、十八日から二泊三日。JR東日本の列車「華(はな)」六両を貸し切り、新宿駅を出発。池袋、赤羽、大宮各駅を経て同日夜に宇都宮に着く。自転車は輪行袋(りんこうぶくろ)という専用の袋に収納する。


 ツアーの参加者には、ジャパンカップの会場を自らの愛車で走ってもらうイベントも。観戦後は一般車両の貸し切り列車で帰る。参加費四万五千円で旅行会社を通じ百人を募集した。


 市交通政策課の芳賀教人(はがのりと)課長は「(ジャパンカップは)回数を重ねて定着してはいるが、参加者にいろいろなメニューを提供したいとの思いで発案した」と説明。「自転車のまち・宇都宮としての観光振興にもつながれば」とも期待している。

この記事へのコメント

2013年10月27日 01:29
J・トレインはあちこちの支社で活躍してますね
(*^∇^*)
けど‥支社同士の貸出し料(レンタル)で採算合わない列車(赤字列車)も課題のようです。
ジパング列車も、次回の全検したら廃止廃車も噂されてますね
(>_<)

無駄使いしないで運賃安くしてもらたいものね
p(´⌒`q)

この記事へのトラックバック