【大人のTV】 女優・丸山ひでみが「知的旅行」 静岡・修善寺と神奈川・鎌倉を旅する

【大人のTV】 女優・丸山ひでみが「知的旅行」 静岡・修善寺と神奈川・鎌倉を旅する
★「名作を旅してみれば」修禅寺物語/岡本綺堂(BSフジ、4日午後10時)
ZAKZAK2013.09.03



画像

伊豆は文学の舞台の宝庫。修善寺温泉を旅する丸山ひでみ


修禅寺物語
長倉書店
岡本綺堂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 修禅寺物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 文学の名作をベースにタイムマシンのように空間と時間を自在に旅する-知的な大人こそ楽しめるコンセプトで構成されたBSフジの旅番組。今回は、時代劇でおなじみの女優、丸山ひでみが、歌舞伎・新劇の定番として有名な岡本綺堂の名作「修禅寺物語」を手に、静岡・修善寺と神奈川・鎌倉を旅する。

 修禅寺物語は、戦前から昭和40年代まで、歌舞伎・新劇の定番として、数え切れないほど上演を重ねた名作。鎌倉幕府の第2代将軍・源頼家の悲劇と、修善寺に居を構える希代の能面師・夜叉王とその娘にまつわるエピソードを織り交ぜている。ちなみに、地名は修善寺であり修善寺温泉だが、温泉街の中心にある古刹(こさつ)は修禅寺。807年に弘法大師が開いたという。

 この寺には、真っ二つに割れている謎めいた「能面」が保存されている。誰が、何のために、作ったのか? 丸山はその面、「雅楽面」を見て思いをめぐらす。

 同じように想像力を刺激されたのが、岡本綺堂だった。頼家の悲劇と、この雅楽面を見事に結びつけたのだ。

 岡本が構想を練ったのが、温泉街屈指の名旅館として名高い「新井旅館」。1872(明治5)年創業で、多くの文人や画家に愛された宿だ。丸山は岡本が愛した「花の棟3号室」で、修禅寺物語を朗読する。


修善寺温泉 国の登録文化財の宿 新井旅館
楽天トラベル
ミシュランで二つ星の竹林の小径まで徒歩2分、修善寺温泉の中心で観光に便利!


楽天市場 by 修善寺温泉 国の登録文化財の宿 新井旅館 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



【特急列車付きプラン】修善寺温泉 国の登録文化財の宿 新井旅館(JR東日本びゅう提供)
楽天トラベル
往復新幹線+宿泊がセットでおトク!JR東日本の旅行商品「びゅう」が楽天トラベルで予約可能に!(全商品


楽天市場 by 【特急列車付きプラン】修善寺温泉 国の登録文化財の宿 新井旅館(JR東日本びゅう提供) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 この戯曲で、「悪魔の巣ぞ。人の住むべきところでは無い」と頼家が月を仰ぎながらつぶやいたのが、鎌倉だった。頼家の悲劇を招いた張本人こそ、実母であり鎌倉の実権を握っていた北条政子だった。丸山は鎌倉にも足を伸ばし、北条家と息子の間で苦しみ抜いた政子に思いをはせる。

 その政子が頼家の冥福を祈るため建立したと伝わる修禅寺の「指月殿」も訪れる。政子は月を指さしながら亡き息子を思い泣き崩れたというのが、その名の由来だ。

 時代劇を知り尽くした丸山だからこそ似合う情感こもる朗読と、歴史情緒漂う街や旅館でのたたずまい。こころの知的旅行にぴったりだ。 (和)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック