【週替わりランチ】 東京悪女会 淑女のランチ 平五郎(海老フライ) (東京新聞2013年8月2日)

【週替わりランチ】
東京悪女会 淑女のランチ 平五郎(海老フライ)

東京新聞2013年8月2日



画像


◆弁護士・れいこさんのお昼ごはん

 店名は居酒屋風だが、紛れもなく洋食店。それも行列の絶えない人気店だ。

 「亡父の名前なんです。洋食はカタカナ名が多いので、おもしろいかと。それに、ちゃんと仕事していれば、名前は関係ないかなと思って」と店主の古田竹男さん(64)。

 洋食の老舗「アラスカ」に長年勤め、1995年にオープン。物件が見つかるまでの2年間、あちこちのランチを食べ歩いて、メニュー構成を考えた研究熱心なシェフだ。

 ランチメニューは、ジャーマンステーキ(ハンバーグ)など定番4品と日替わり1品。「海老(えび)フライ」(950円)は日替わりで、金曜限定。身の詰まったブラックタイガーを仕入れ、すべての殻を外し、尾まで食べられるよう下ごしらえ。大豆油でカラッと揚げ、外はサクッと、中はプリップリに仕上げる。卵抜きの自家製タルタルソースは、時間を経てもしっかりした質感。具材の水分を十分切るからだ。

 「ちゃんとした仕事」は確かに人を引きつける。(さりあ)

 ★れいこさん(43歳・弁護士)揚げ物は苦手なのに、ここのはおいしくて、胃にもたれないんです。お鍋や調理器具はいつもピカピカ。すべてがきちんとしていて、手を抜いてない。仕事に対する姿勢を教えてもらったお店です。

     ◇

◇港区虎ノ門1の17の9、アライビル1階。ランチは11~14時(売り切れ次第終了)。土日祝休。(電)03・3504・8516

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック