【比べてみま選科】 恐竜展  (東京新聞2013年7月26日)

【比べてみま選科】
恐竜展
東京新聞2013年7月26日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/info/kurabe/CK2013072602000168.html

 多くの謎に包まれ、ロマンを感じさせる「恐竜」。その生態や歴史に触れられる「恐竜展」を紹介する。巨大な全身骨格をはじめ、化石の発掘体験や映像体験などあらゆる角度から恐竜に迫る各展は、夏休みの自由研究の参考にもなりそうだ。

◆化石レプリカ 触ってもOK


画像


 神流町恐竜センター 

1985年に群馬県旧中里村(現・神流町)で、日本で初めて恐竜の足跡が発見されたのを機に開館。国内外の化石など約200点展示、2体の恐竜が格闘した状態の化石も。人気は全長約12メートルの「ティラノサウルス産状骨格」=写真。アメリカで発掘された化石のレプリカで、触ってもOK。周辺一帯が「恐竜王国中里」と呼ばれ、恐竜の足跡が残る岩壁近くで化石発掘体験(500円~、要予約)も。


◇群馬県神流町神ケ原51の2。入場料大人600円、小中学生300円。(電)0274・58・2829


◆皮膚を再現の全身複製骨格


画像


 たまがわ恐竜大図鑑展 

恐竜が進化、繁栄した約2億年間の実物化石や全身骨格など約50点が登場する。最大の展示物は白亜紀(約1億3000万年前)に生息していた全長9メートルの「アマルガサウルス」の全身複製骨格。体の右半分は皮膚を再現したもので迫力満点。全長2メートル、小さめの「プロトケラトプス」や、恐竜の歯の実物化石も。27、28日には、体長約4・5メートルの「ラプトル」が動く恐竜体験ライブを開催。


◇玉川高島屋S・C。世田谷区玉川3の17の1。~8月18日。入場料中学生以上600円、3歳以上400円。(電)03・3709・2222


◆映像を使ってリアルさ体感


画像


 大恐竜展in丸の内2013 

世界三大恐竜博物館のひとつといわれる「福井県恐竜博物館」所蔵の骨格標本9体が丸の内の3カ所にお目見え。ビル街で恐竜に出会える。【丸ビル】全長約10メートルの「バリオニクス・ワルケリ」=参考写真=など肉食恐竜5体。専用機器を使って見る映像体験では、目の前に恐竜がいるような感覚に。【オアゾ】草食恐竜4体が。【新丸ビル】化石発掘体験(8月12~14日、無料)も。


◇千代田区丸の内各所。8月1日から18日まで。入場無料。問い合わせ:丸の内コールセンター=(電)03・5218・5100

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック