【週替わりランチ】  東京悪女会 淑女のランチ グリル・シャトー(ハンバーグランチ)

【週替わりランチ】
東京悪女会 淑女のランチ グリル・シャトー(ハンバーグランチ)
東京新聞2013年7月5日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/gourmet/lunch/CK2013070502000158.html


画像


◆外資系金融会社部長・まなみさんのお昼ごはん

 ランチ激戦区の八重洲にあって、長年愛され続ける洋食店。半地下の店内は落ち着いた雰囲気で、創業した52年前に欧州から取り寄せたというシャンデリアが、今も輝く。
 ランチは全品、スープ、サラダ、コーヒー付き。一番人気は「ハンバーグランチ」(980円)。限定20食で、毎日完売する。国産の牛肉と豚肉を7対3の合いびきにして「奇をてらわず、昔ながらのレシピで、ハンバーグらしいハンバーグを作っています」(木場嶺阿樹(みねあき)マネジャー)。
 心掛けているのは「洋食店らしさ」。長年愛される秘訣(ひけつ)だ。人気メニューでも20食以上作れないのは、手づくりが基本で、他メニューにも手がかかるから。ランチのスープは日替わりで、野菜のポタージュを用意する。取材日はグリーンピースだったが、カボチャやニンジンなど多彩。「少しでも野菜の栄養を取ってほしい」と考えたもの。隠れた心遣いも、多忙な会社員たちを引きつけている。 (さりあ)

 ★まなみさん(46歳・外資系金融会社部長)20年以上通っていますが、同じ味を提供してもらえる安心感があります。手ごね感のあるハンバーグはセットで1000円以内とリーズナブル。チーズがおいしい「カレードリア」(1250円)もオススメです。
     ◇
◇中央区八重洲1の6の14。ランチは11時半~15時(14時半ラストオーダー)。日祝は貸し切りのみ。(電)03・3271・7665

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック