鳩ケ谷宿の面影残し 「十一屋北西商店」国の登録文化財に (東京新聞2013年7月20日 埼玉)

【埼玉】
鳩ケ谷宿の面影残し 「十一屋北西商店」国の登録文化財に
東京新聞2013年7月20日



画像

十一屋北西商店の店舗(右)と蔵(左)=川口市で(県教育局提供)


 国の文化審議会(宮田亮平会長)は十九日、日光御成街道・鳩ケ谷宿の面影を残す酒店「十一屋北西(じゅういちやきたにし)商店」(川口市鳩ケ谷本町一)の店舗と蔵をそれぞれ国の登録有形文化財に登録するよう、下村博文文部科学相に答申した。

 県教育局によると、明治期に創業した同商店が一九三〇(昭和五)年ごろに店舗と蔵を建築。どちらも現役で使用され、街のシンボルにもなっている。

 木造二階建ての店舗は、軒を大きく前面に張り出させ、庇(ひさし)が深い「出桁(だしげた)造り」が特徴。土蔵造り二階建ての蔵は、表面が石造り風のモルタルで覆われている。

 今回の指定について、県教育局の担当者は「鳩ケ谷宿をしのばせる建物で、地域の歴史を語る建物として評価された」と話している。(前田朋子)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック