【限定 要チェック!】 集まれ!科学者の卵 産業技術総合研究所(つくば市)

【限定 要チェック!】
集まれ!科学者の卵 産業技術総合研究所(つくば市)

東京新聞2013年7月19日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/info/check/CK2013071902000169.html


画像

恐竜ロボットは2005年の「愛・地球博」にも展示された


 筑波研究学園都市にある研究機関の中でも、規模の大きさと多彩さを誇る一つ。「産総研」の略称で知られる。「環境・エネルギー」「ライフサイエンス」「情報通信・エレクトロニクス」「ナノテクノロジー・材料・製造」「計測・計量標準」「地質」の6分野を研究する国内最大級の研究機関だ。

 毎年、夏休み最初の土曜日に一般公開される。今年は20日。公開される地区「つくば中央」だけでも敷地面積は東京ドーム21個分。プログラムは100件近いので、計画的に回りたい。

 メーンは特別講演。今年のテーマは「笑いと科学‥イグ・ノーベル賞」。ユニークな研究に贈られる世界的な賞について、2012年の受賞者が語る。

 毎年の定番人気は「科学工作コーナー」。太陽光で色が変化する材料を使ったビーズストラップ作りは大盛況で、整理券配布の上、抽せんとなる(全8回、各回80人)。

 「チャレンジコーナー」で行われる、旋盤のような工作機械「はんこ名人」を使ったオリジナルはんこ作りも抽せん。30人程度しか体験できないため競争は激烈だ。

 自動で動く車いすや立ち乗り型「モビリティロボット」の試乗も楽しい。乗り物好きなら、寝そべって乗車する未来型おもしろ自転車の試乗会にも行ってみよう。

 通常も見学できる「サイエンス・スクエアつくば」もお見逃しなく。恐竜ロボットや人型ロボットなどは子供たちの目をくぎ付けにする。未来の科学者誕生のきっかけになるかもしれない。(文と写真 村手久枝)

◇茨城県つくば市梅園1の1の1。20日の一般公開は9時半~16時。入場無料。つくば駅から無料バスも運行。(電)029・862・6214

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック