清らかに ハス開く 大船植物園で見ごろ迎える  (東京新聞2013年7月13日 神奈川)

【神奈川】
清らかに ハス開く 大船植物園で見ごろ迎える
東京新聞2013年7月13日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20130713/CK2013071302000108.html


画像


 夏を彩るハスの花が鎌倉市岡本の県立フラワーセンター大船植物園で見ごろを迎え、来園者の目を楽しませている。同園では、早朝に開花するハスの最も美しい状態を見てもらおうと、15日まで午前6時からの早朝開園を行っている。

 開花から4日で散るハスは2日目の朝が最も美しいとされ、今年は例年より1週間ほど遅く、6月末に開花が始まった。長さ約100メートル、幅約4メートルのハス池で、密生する葉の間から点々と、ピンク色に縁取られた白い花を咲かせている。今月末まで花を楽しめるという。

 同園では、古代のハスを再生させた大賀ハスをはじめ、漢蓮(かんれん)や紅富士(べにふじ)など18の希少種のハスを育成しており、鉢植えで展示しているほか、スイレンも涼しげな池の水面から、紅白の花を咲かせてのぞかせている。

 入園料は一般350円、高校生と65歳以上は100円。問い合わせは、同園=0467(46)2188=へ。

(斎藤裕仁)


ホテルメッツかまくら大船
楽天トラベル
ビジネス・鎌倉湘南観光に最適!横浜・東京などにもアクセスに便利です


楽天市場 by ホテルメッツかまくら大船 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック