富士山 世界遺産決定 三保松原も一転登録  (東京新聞2013年6月23日 朝刊)

【社会】
富士山 世界遺産決定 三保松原も一転登録
東京新聞2013年6月23日 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013062302000111.html


画像

世界文化遺産への登録が決まった富士山。手前は三保松原=22日午後0時13分、静岡市清水区沖の駿河湾で、本社ヘリ「まなづる」から(内山田正夫撮影)


 【プノンペン=加藤隆士】カンボジアの首都プノンペンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は二十二日、日本政府が推薦している「富士山」(静岡、山梨両県)の審査を行い、「信仰の対象と芸術の源泉」と評価して世界文化遺産に登録することを決めた。静岡市の三保松原(みほのまつばら)(静岡市清水区)は構成資産から除外を勧告されていたが、一転し、含まれることになった。

 文化庁によると、国内の世界遺産は十七件目。文化遺産では十三件目。自然遺産に四件が登録されている。

 登録決定を受け、近藤誠一文化庁長官は「喜びや悲しみを分かち合ってきた日本人の美しい心のシンボルが富士山。文化遺産として認められたのは、日本の歴史に残る出来事」と語った。静岡県の川勝平太知事は「三保松原が一体として認められたのは奇跡だ」と話した。

 登録は富士五湖や白糸ノ滝を含む約七万ヘクタールが対象。古くから信仰の山とされ、江戸時代に盛んに浮世絵に描かれるなど、日本独特の芸術文化を育んだ。

 昨夏に現地調査したユネスコの諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)は四月、富士山を「日本の象徴で、その影響は日本をはるかに超えている」と評価して登録を勧告した。一方、三保松原は富士山から四十五キロ離れている点や、消波ブロックなどで景観が損なわれている点を問題視。除外を登録の条件とするよう勧告していたが、各委員国から「三保松原も含めるべきだ」との意見が相次ぎ、勧告を覆した。

 富士山は当初、自然遺産での登録を目指した。一九九四年に環境団体などが二百万人を超える署名を集めたが、ごみやし尿の問題が解決できず、国内の候補地に選ばれなかった。

 二〇〇三年には政府の検討会で「火山の地形として世界的に珍しくはない」との理由で候補地から落選。これを機に文化遺産を目指す方向に変わった。

◆ロビー活動が奏功

 イコモスからの除外を勧告された三保松原が、逆転で富士山の構成資産に入った背景には国を挙げてのロビー活動があった。ユネスコの日本関係者は「何とか三保松原を入れたいと思っている。あとやれるのは政治的にひっくり返すことだ」と口にしていた。

 日本は世界遺産委員会に二十一カ国の委員国の一つとして参加。審査は合議による全会一致が原則だが、委員国は他の二十カ国に働き掛けられる利点がある。推薦案件がある国同士であれば、取引もしやすくなるという。

 実際の審査では当該国の日本以外の二十カ国の委員国が意見を述べる。そこで三保松原の除外に何カ国もが異論を挟めば、合議の性格上、除外とした原案が揺らぐ可能性がある。日本が他の委員国を口説き落とせるかが鍵だった。

 ある政府高官は委員会に先立ち「零点を百点にするのは無理だが、八十点を百点にするのは可能だ。発展途上国は(ロビー活動に)乗ってくれることが多い」と明かしていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック