「のと」梅佳代著(新潮社 2415円)

「のと」梅佳代著(新潮社 2415円)
【書籍・書評】
日刊ゲンダイ2013年6月13日 掲載



画像


<ただのスナップ写真に見える作品に秘められたマジック>

 06年に木村伊兵衛写真賞を受賞した著者の最新作は、生まれ育った故郷・能登の人々を撮影したポートレート集である。

 カメラを向けられ思わず白目をむいて変な顔をする男の子、何がうれしいのか満面の笑みで跳びはねる少女、ヤンキー座りが全然似合わない爽やか顔の中学生、グラウンドのそばで着替え中の野球部員など。

 親戚の子や町中で出会った子供たちを片っ端から、というような勢いでカメラに収めていく。

 そのどの顔も、屈託がなく、まるで著者と旧知のように、向けられたカメラにその「素」をさらけだしている。駄菓子で舌を真っ赤に染めた少年、陸上部なのだろうかユニホーム姿でちょっとはにかむ少女たち、下校の合間に道草をする中学生など。同じ子たちが祭りの夜にちょっと背伸びをした格好で集まっている写真もある。

 もちろん大人も。座敷で足を伸ばし何やらつまみ食いするお行儀の悪い中年女性や、お祝い事だろうか式服姿の厚化粧の女性、ピースした指2本が包帯でぐるぐる巻きのおじさん、そして縁側で昼寝するおじいちゃんなど。

 ページが進むうちに会ったこともない人たちや子供たちに何だかとても親近感が湧いてくる。

 なぜなら、カメラを向けられ変顔したり、ちょっと背伸びをした格好をしたりする彼らの姿にかつての自分を見つけ、おばさんやおじさん、おじいちゃんたちは自分の親戚の中にもこんな人がいたよなとダブって見えてくるからだ。

 一見するとただのスナップ写真が、記憶にも残っていないようなはるか昔のなんでもない日々を思い出させる著者のマジックに改めて驚く。本書収録作品も多数展示されている著者の個展も開催中(東京オペラシティ アートギャラリー 6月23日まで)。

.
のと
新潮社
梅佳代

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by のと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



のと [ 梅佳代 ]
楽天ブックス
梅佳代 新潮社発行年月:2013年04月26日 予約締切日:2013年04月24日 ページ数:1冊(


楽天市場 by のと [ 梅佳代 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック