アユ釣り解禁 繰り出す多摩川  (東京新聞2013年6月1日 夕刊)

【社会】
アユ釣り解禁 繰り出す多摩川
東京新聞2013年6月1日 夕刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013060102000236.html


画像

アユ釣りが解禁となり、多摩川に繰り出した釣り人たち=1日、川崎市多摩区で

 釣り人待望のアユ釣りが一日、関東地方の主な河川で解禁となった。川崎市多摩区布田にある多摩川の取水堰(ぜき)下流では、夜明けとともに太公望が繰り出し、梅雨の晴れ間で日が差す川面に糸を垂れ、アユの強い引きを楽しんでいた。

 川崎河川漁業協同組合によると、アユの遡上(そじょう)数は調査を始めて以来最高だった昨年には及ばないものの、成長は今年の方が良く、大きいものは一八センチにもなる。

 四十年以上多摩川で釣りをしているという同区の高橋雅夫さん(73)は、「良い引きだ、わくわくするね」と三時間で四十匹以上釣り上げ、笑顔を見せていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック