三社祭の華「くみ踊り」  (東京新聞2013年5月5日 東京)

【東京】
三社祭の華「くみ踊り」
東京新聞2013年5月5日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20130505/CK2013050502000111.html


画像

りりしいてこ舞姿で踊る「はな」組=昨年の集いより


 三社祭の町神輿(みこし)連合渡御と宮出しが行われる十八、十九の両日、恒例の浅草芸者衆による「くみ踊り観賞の集い」が台東区の東京浅草組合(浅草見番)で開かれる。

 三社祭は一時途絶えていたが、戦争で沈んだ人々の心を奮い立たせようと一九四八年に復活。神輿の数も担ぎ手も少なかった当時の祭りを盛り上げようと「くみ踊り」が始まった。

 くみ踊りは芸者衆が数人ずつ組になり、毎年振り付けを考え衣装も新調する。勇壮な神輿渡御と並ぶ「祭りの華」として、数年前に一般公開を始めた。

 てこ舞姿の芸者衆と幇間(ほうかん)(たいこ持ち)など三組が出演する。午後一時開演。定員百五十人。会費五千円(飲み物、弁当付き)。予約は浅草見番=電03(3874)3131=へ。

  (丹治早智子)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック