武者隊行列など18万人が楽しむ 北條五代祭り  (東京新聞2013年5月4日 神奈川)

【神奈川】
武者隊行列など18万人が楽しむ 北條五代祭り
東京新聞2013年5月4日



画像


 「小田原北條五代祭り」が三日、小田原城址(じょうし)やお堀端通りなど市内繁華街で繰り広げられた。武者隊の行列などを見ようと、沿道は約十八万人(市観光協会調べ)の人出でにぎわった。

 今年から新企画として、健脚を競う「天下一忍者決定戦」と、四人一組で競う騎馬戦「平成小田原大合戦」を開催。忍者姿の百八人が小田原城馬出門を一斉にスタートし、ゴールの学橋まで百五十メートルのコースを疾走した。優勝した伊勢原市の会社員近藤房治さん(30)には「六代目風魔小太郎」の称号と記念品が贈られた。

 騎馬戦では、小田原ゆかりの武将と、徳川氏、武田氏など全国の武将とに分かれ計十四騎が激突。全国軍の石田三成チームが優勝した。(横光竜二)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック