【限定 要チェック!】 環境の不思議を発見! 埼玉県環境科学国際センター

【限定 要チェック!】
環境の不思議を発見! 埼玉県環境科学国際センター

(東京新聞5月3日)



画像

無響室では、拍手や大声で無響を体感

 「うわっ!空気はこんなに汚れているの?」「首都圏でも意外に珍しい鳥や昆虫がいるんだ」-研究所の中は驚きと感動がいっぱい。
 地球温暖化、大気・水・地質汚染、廃棄物など、広く環境問題に取り組んでいるのが埼玉県環境科学国際センター。普段から展示棟では環境問題全般が学べるが、原則非公開の研究所も年に3回のみ公開される。「ゴールデンウイーク特別企画」イベントで、今年の第1回公開が6日に行われる。
 1回につき30人限定で、3回実施。各回A・Bコースに分かれており、Aコースで巡るのは大気環境、資源循環・廃棄物、土壌・地下水・地盤担当の研究室。Bコースは化学物質、水環境、自然環境&温暖化対策担当の研究室。
 例えば「大気環境」では空気中の汚染物質を捕らえたフィルターを20年分見られる。昔は真っ黒だったフィルターが現在ではグレーになった様を見ると、ギョッとしつつも、少しは安心できるはず。
 低騒音化技術の開発も含まれる「土壌・地下水・地盤」では、実験用の無響室に入れる。断熱材にもなる綿状の「グラスウール」で囲まれた壁は音を吸い取り、反響を遮断。通常では体験できない無響の世界は圧迫感も感じるほど。
 子どもたちには「自然環境」での標本やはく製も人気だ。
 連休中は他の催しも盛りだくさん。研究所公開と同日には「サイエンスショー爆発実験!」が行われる。敷地内の生態園を散策するのもオススメ。売店はないので弁当持参で。もちろんごみはお持ち帰りを。(文と写真 村手久枝)
◇埼玉県加須市上種足914。6日の研究所公開は、(1)9時45分~10時45分、(2)12時30分~13時30分、(3)15~16時。各回30人。当日9時から整理券配布。無料。(電)0480・73・8363

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック