【タレントが通う店やってる店】 高橋克典がとことんハマった北京料理店「華都飯店」のおこげ料理(石川)

【タレントが通う店やってる店】
高橋克典がとことんハマった北京料理店「華都飯店」のおこげ料理(石川)
【芸能】
日刊ゲンダイ2013年5月25日 掲載

http://gendai.net/articles/view/geino/142558

カリっとしたおこげとトロトロのあんが口の中で見事に融合!


画像


 新店も続々と登場して一層の賑わいを見せる横浜中華街。数ある店の中で、横浜出身の俳優、高橋克典(48)がひいきにしているのが、今年で40周年を迎える北京料理の店「華都飯店」だ。

 場所はJR石川町駅から5分ほど歩いた、関帝廟通りの入り口。建物は宮廷をイメージしたというだけに重厚感が漂っているのだが、それでいて店にはどこか家庭的な雰囲気がある。価格帯も高級店とは違い、至ってリーズナブル。素材にこだわった本格中華を気軽に楽しめる店として、地元客に長年にわたって支持されてきた店だ。

 常連のひとりとして足しげく通い、店の味を知り尽くした高橋が決まってオーダーする大好物メニューがある。「芝エビのおこげ料理」(大2800円、小2200円)は米を揚げた“おこげ”にアツアツのあんをかけて味わう中国の定番料理。中でもこのメニューはあんに芝エビがゴロゴロッと入った何ともゼイタクな逸品なのだ。


画像


 オーダーすると間もなく、具だくさんのあんと揚げたてのおこげが別々に登場。おこげの皿にあんを投入した瞬間、ジュワ~ッ! という豪快な音が鳴り響き、一気に食欲をかきたてる。

 アツアツを頬張れば、カリカリッとしたおこげの食感が何とも絶妙! この香ばしいおこげとトロトロのあんが口の中で見事に融合し、素材の優しい甘さがじんわりと染み渡っていく。

 カリカリのおこげは噛むほどに次第にモチモチとした食感へと様変わり。エビのうまさも加わって、思わず箸が止まらなくなる。

 高橋は昔からの常連で店員からは“お兄さん”と呼ばれ親しまれてきたのだそう。「お兄さんは本当に優しい人。ウチの子供を膝にのせて可愛がってくれたこともありました」と店のスタッフ。店の気さくな雰囲気に、すっかり溶け込んでいたようだ。

 横浜・中華街の喧騒の中、ここは落ち着いて過ごせる希少な店。他にも鶴見辰吾など芸能界の常連も多いそうだ。


画像


◆◆華都飯店
住所 神奈川県横浜市中区山下町166
TEL 045-641-0335
営業時間 11:00~21:00

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック