安くてウマくてガッツリ食える! 地元の人も太鼓判を押す「炭火焼宮崎料理 やっちょっど」(赤坂)

【タレントが通う店やってる店】
安くてウマくてガッツリ食える!地元の人も太鼓判を押す「炭火焼宮崎料理 やっちょっど」(赤坂)
【芸能】
日刊ゲンダイ2013年4月13日 掲載

http://gendai.net/articles/view/geino/141934

1番人気はタルタルソースたっぷりの「チキン南蛮」


画像


 賑やかな表通りから細い路地裏まで、飲食店がところ狭しと並ぶ赤坂界隈。人気の飲み屋がしのぎを削る居酒屋激戦区のこの地にあって、地元サラリーマンで連日賑わう店がある。

 場所は赤坂駅から歩いてすぐの路地を入ったビルの地下。「炭火焼宮崎料理 やっちょっど」は宮崎の名物料理を焼酎とともに味わえる、郷土色豊かな居酒屋だ。

 店名は地元の言葉で“やってるよ!”の意味。店主をはじめ、スタッフ全員が宮崎県出身で、こぢんまりした店内には宮崎弁が飛び交う、なんともアットホームな雰囲気だ。

 客の9割が常連で、宮崎出身者も多い。人気の理由はくつろいだ雰囲気に加えて、何よりも懐かしい地元の味にある。

「地鶏や食材のほとんどが宮崎から直接仕入れたもの。味つけもボクらが地元で親しんだ味をそのまま提供しています。焼酎は宮崎のものを中心に80種類以上! 宮崎のウマいものをトコトン楽しんでもらってます!」(店主)


画像


 1番人気は看板メニューの「チキン南蛮(モモ)」(1050円)。揚げた鶏肉を甘酢に漬け、タルタルソースをたっぷりかけた、宮崎料理の定番中の定番だ。

 早速オーダーすると皿に大ぶりのチキンがゴロゴロッと5つ、大胆に盛られて登場。その大きな塊にかぶりつけば、甘酢を含んだ衣はシットリ! 中には何ともジューシーな鶏肉が! 低温でじっくりと揚げているため実に軟らかく、噛めば噛むほどうま味を実感。さっぱり味のタルタルソースも見事にマッチして、働き盛りの男たちの空腹をガッツリと満たしてくれるのだ。

 チキン南蛮はこの軟らかい食感を出すために若鶏を使用しているが、もうひとつの名物、炭火焼きには地鶏を使用。さらに焼酎は1050円で2時間飲み放題という安さ! この地鶏と焼酎を目当てに、常連がワンサカ訪れるというわけだ。

 前宮崎県知事で衆院議員の東国原英夫氏(55)も常連。多い時は週1ペースで通っているそう。地元民イチオシの郷土の味を、ぜひどうぞ。


画像


◆やっちょっど
住所 東京都港区赤坂4-3-11 高島ビル地下1階
TEL 03-3582-0602
営業時間 11:30~14:00/17:30~24:00(L.O.23:00) 
定休日 日・祝日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック