将軍家ゆかりの「おとめ山」再生 新宿できょう開園 (東京新聞2013年4月13日 東京)

【東京】
将軍家ゆかりの「おとめ山」再生 新宿できょう開園
東京新聞2013年4月13日



画像

斜面地を復元した拡張区域。湧水が流れる音に包まれている=新宿区で

 江戸時代、将軍家の狩猟地だった「御留(おとめ)山」と呼ばれた新宿区下落合の区立おとめ山公園が、拡大する。かつての斜面地を復活させ、湧水を生かして谷間を再生。都心のオアシスとなる。拡張区域は十三日に開園する。
 拡張されたのは、一九六九年に開園した一・五ヘクタールの公園に隣接する二カ所で、計〇・三ヘクタール。うち国家公務員住宅跡地の〇・二ヘクタールは、宅地造成で埋め立てられていた谷間を復活させた。江戸時代の文献や地図で当時の地形を調べる労作業だった。ゆるやかな斜面を湧水が流れる。水辺には、アヤメやセキショウなどの湿生植物を植えた。高台の民有地だった〇・一ヘクタールは、植えられていたスダジイの大木を生かした広場になった。
 区は他にも公園に隣接する計〇・九ヘクタールに拡張を計画しており、来年秋に完成する予定。
 徳川家の狩猟地だった一帯は江戸時代、一般人の立ち入りを禁じていた。戦後に国有地となり、国家公務員住宅の建設計画が浮上。しかし、地元住民の運動で計画は縮小し、雑木林を生かした公園が造られた。園内の湧水は都の「東京の名湧水五十七選」の一つだ。
 二歳の次男と公園に散歩に来ていた近所の会社員下川太一さん(34)は「水辺は子どもも喜ぶ。地域に緑が増えるのはうれしい」と話した。
 拡張区域は十三日午前九時半から入園できる。区は午前十時から開園式典と記念植樹を行う。公園全体の開園時間は午前七~午後七時(十~三月は五時まで)。 (杉戸祐子)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック