【花前線】 ◆フジ いこいのカーテン (東京新聞2013年4月25日)

【花前線】
東京新聞2013年4月25日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/flower/CK2013042502000185.html


画像

◆フジ いこいのカーテン

 ★熊野(ゆや)の長藤(静岡) 行興寺と熊野記念公園で、合わせて約40本が約1500平方メートルの藤棚をつくる=提供写真。見頃は5月上旬まで。中でも同寺にある樹齢800年以上の国指定天然記念物の古木は花房が約1.5メートルにもなる。27日~5月5日は「長藤まつり」を開催。期間中と5月6日はJR東海道線豊田町駅からシャトルバスを運行する。磐田市池田、同線同駅バス約10分。(電)0538・33・1222市観光案内所

▼茨城
 ★笠間稲荷(いなり)神社(笠間市笠間、JR水戸線笠間駅バス約5分)樹齢400年以上の県指定天然記念物の2株が、5月上旬まで楽しめそう。うち1株の「八重の藤」は、花がブドウの房のように咲く珍しい品種。(電)0296・73・0001同神社

▼栃木
 ★あしかがフラワーパーク(足利市迫間町、JR両毛線富田駅徒歩約13分)300本以上を植栽。約1000平方メートルの藤棚をつくる大藤が見頃。シロフジは5月上旬まで、藤に似た花が咲くキバナフジは、5月上旬~中旬に楽しめそう。5月19日まで「大藤まつり」。入園料900~1600円の変動制。(電)0284・91・4939同園

▼群馬
 ★須賀の園(前橋市西片貝町、JR両毛線前橋駅バス約30分)樹齢350年以上の5種9本が合わせて約1000平方メートルの藤棚をつくる。ノダフジや八重の花が咲くヤエコクリュウなどが5月上旬まで楽しめそう。5月4、5日は「藤まつり」。(電)027・210・2010市公園管理事務所

 ★ふじの咲く丘(藤岡市藤岡、JR八高線群馬藤岡駅バス約10分「みかぼみらい館」下車徒歩約5分)約250メートル続く藤棚が5月上旬まで見頃。園内にある「見本庭園」では、約40種の藤の花も楽しめる。27日~5月12日は「藤岡ふじまつり」。(電)0274・22・1211市商工観光課

▼埼玉
 ★藤花園(春日部市牛島、東武野田線藤の牛島駅徒歩約10分)開園は5月12日まで。約2ヘクタールの敷地で約30本が見頃を迎え、5月上旬まで。うち、樹齢約1200年、国の特別天然記念物指定の「九尺藤」は、約700平方メートルにもなる藤棚をつくる。入園料1000円。(電)048・752・2012同園

 ★長泉寺(本庄市児玉町高柳、JR八高線児玉駅タクシー約5分)約2500平方メートルの藤棚が5月上旬まで楽しめそう。花房の長さが約1.5メートルになる樹齢650年以上の「骨波田(こつはた)の藤」は、県指定天然記念物。拝観料は300~600円の変動制。(電)0495・72・3122同寺

▼千葉
 ★妙見宮妙福寺(銚子市妙見町、JR総武線銚子駅徒歩約5分)龍(りゅう)が寝ているかのように根付いていることから「臥龍(がりゅう)の藤」と呼ばれる樹齢約750年の古木や珍しい白い藤棚などが5月上旬まで楽しめそう。見頃に合わせてライトアップも。5月4、5日は「藤祭り」。(電)0479・22・0650同寺

▼神奈川
 ★横須賀しょうぶ園(横須賀市阿部倉、JR横須賀線衣笠駅バス約10分)園内の「ふじ苑(えん)」で11種250本。ニオイフジなどが5月上旬まで、シロフジは5月上旬に見頃。27日~5月6日は「フジまつり」。期間中は京浜急行汐入駅から直通バスを運行(210円)。(電)046・853・3688同園

 <係から>今後の天候によって花の見頃が変わることがあります。お出かけ前に現地に開花状況をご確認ください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック