川から眺めるスカイツリー (東京新聞2013年4月2日 東京)

【東京】
川から眺めるスカイツリー
東京新聞2013年4月2日



画像

遊覧船が到着して開かれたオープニングセレモニー=墨田区で


 川から眺めるスカイツリーはいかが? 東京スカイツリーの足元につくられたおしなり公園船着き場が一日、一般開放された。観光客誘致のため、墨田区がつくった。北十間川周辺を巡る観光船の乗客らが手を振って祝った。

 区はこの日、おしなり公園のほか旧中川に面した平井橋、立花六丁目、東墨田二丁目の三つの船着き場も開放した。隅田川沿いの吾妻橋も現在改修中で、六月には計五カ所を利用できるようになる。区管理の船着き場はなかったが、昨年八~十一月に試験運用し、整備を進めた。

 一日の記念セレモニーで、すみだ親善大使の小田倉美優さんは、到着した遊覧クルーズの船長に花束を贈呈。区の産業観光部、中山誠参事は「これからは地上だけではなく、船からの眺望も楽しんで」とPRした。

 この日、クルーズ客第一号として新たな船着き場に降り立った足立区の主婦、左口絹英さんは「船上、真正面に徐々に近づいてくるスカイツリーがダイナミックで、沿岸の桜との競演も素晴らしかった」と目を細めた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック