【比べてみま専科】 動物園(入園無料) (東京新聞2013年3月29日)

【比べてみま専科】
動物園(入園無料)

東京新聞2013年3月29日


 都心では桜も満開。近くの公園などに出かけたくなる時季だ。そこで、いろいろな動物を見ることができて、しかも入園無料の動物園を探してみた。お弁当持参で家族揃(そろ)って出かければ、お財布にやさしく、楽しい時間が過ごせそう。

◆ペンギンたち 次々とダイブ


画像

江戸川区自然動物園

 区立行船公園内にある憩いの場所の一画。約4900平方メートルの敷地内に70種650点を飼育している。人気のフンボルトペンギンは水辺から次々と滑り込むように潜る。レッサーパンダ、クモザル、オタリアのほか、コウノトリなどの鳥類も。ドジョウなど淡水魚やウナギを展示する「水生コーナー」も。「ふれあいコーナー」では1日2回、ヤギやヒツジ、チャボなどと自由にふれ合うこともできる。

◇江戸川区北葛西3の2の1。10時~16時30分(土日祝は9時30分~)。月曜休園(祝日の場合は翌日)。(電)03・3680・0777


◆トラの食事を解説付き観察


画像

横浜市立野毛山動物園

 市街を見下ろせる高台にあり、ツキノワグマやトラなどの猛獣、鳥類など約90種1400点を飼育、動物との距離が近く観察しやすい。世界最長寿のフタコブラクダ「ツガルさん」(雌、推定37歳)も健在。なかよし広場では、ヒヨコなどの小動物とふれ合え、インドクジャクは放し飼いで、子どもの後ろについて歩く姿も。食事タイムには飼育係の解説もある。トラの餌やりは迫力満点。

◇横浜市西区老松町63の10。9時30分~16時30分。月曜休園(祝日の場合は翌日)。(電)045・231・1307


◆人気クモザル 腕渡り見もの


画像

桐生が岡動物園

 屋外展示や、水族館もあり約648点の動物を飼育。人気者はアジアゾウの「イズミちゃん」(雌、推定57歳)。キリンやライオンはもちろん、長い尾を持つクモザルたちの腕渡りは見もの。「こどもどうぶつコーナー」では、ミニブタやアヒルなどとふれ合うことも。サクラの名所として有名な桐生が岡公園内にあり、無料の遊園地(乗り物は有料)が隣接。休憩室も充実し、家族連れで連日にぎわう。

◇群馬県桐生市宮本町3の8の13。9時~16時30分。無休。(電)0277・22・4442

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック