茶室と庭園 春の公開 文化財「物外軒」 来月6日から (東京新聞2013年3月22日 栃木)

【栃木】
茶室と庭園 春の公開 文化財「物外軒」 来月6日から
東京新聞2013年3月22日



画像

物外軒茶室=足利市教委提供


 足利市教委は、同市通六の織姫(おりひめ)公民館北側にある市指定文化財「物外軒(ぶつがいけん)茶室」と、国登録文化財「物外軒庭園」の春の公開を、四月六日から始める。四、五月の土日祝日と六月九日で、参観無料。

 市教委によると、茶室は表千家不白流の流れをくみ、木造平屋の切り妻造り。明治時代の初めごろ、回漕(かいそう)問屋を営む「萬(よろず)屋」の三代目主人、長四郎三(ちょうしろぞう)が、今の同市猿田町にあった邸内に建築。自らの雅号「物外」にちなんで物外軒と名付けた。

 一九〇一(明治三十四)年に現在の場所に移され、六八(昭和四十三)年に市指定文化財になった。

 庭園はいつごろ造られたものか分からないが、茶室が移築された時に大改修され、現在の形になったとみられる。池の西側にある築山には、大ぶりな石を並べた滝がある。庭園は二〇〇八年に国登録記念物になった。

 市教委文化課の担当者は「庭園の新緑がきれいな時季なので、ぜひ見てもらいたい」と話している。

 参観時間は午前九時~午後四時。織姫公民館の駐車場を利用できる。(稲垣太郎)


ホテル ルートイン足利駅前
楽天トラベル
無料バイキング付!大浴場完備!駐車場無料!観光・ビジネスの拠点に最適な立地!


楽天市場 by ホテル ルートイン足利駅前 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ホテル ルートイン第2足利
楽天トラベル
国道50号線沿いの好立地!あしかがフラワーパークや佐野プレミアムアウトレットへのアクセスも抜群♪


楽天市場 by ホテル ルートイン第2足利 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ビジネスホテル ニュー大栄 (足利)
楽天トラベル
●ポイントバックキャンペーン対象ホテル●自然のせせらぎが心地よくきこえる渡良瀬川のほとり。


楽天市場 by ビジネスホテル ニュー大栄 (足利) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





足利ビジネスホテル
楽天トラベル
足利公園裏の自然に恵まれた環境。静かなくつろぎの場としてきっとご満足いただけるホテルでございます。


楽天市場 by 足利ビジネスホテル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ホテル足利館
楽天トラベル
 


楽天市場 by ホテル足利館 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





足利タウンホテル
楽天トラベル
古都足利の中心部に位置。ビジネス、観光の拠点に最適。最上階に展望大浴場。ペットと同宿可


楽天市場 by 足利タウンホテル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





東横イン栃木足利駅北口
楽天トラベル
平成22年7月オープン!!足利駅北口から徒歩1分、ビジネス、観光の拠点としてご利用ください。


楽天市場 by 東横イン栃木足利駅北口 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







庭園の中世史 足利義政と東山山荘/飛田範夫【もれなくクーポンプレゼント・読書家キャンペーン実施中!】
オンライン書店boox
著者飛田範夫(著)出版社吉川弘文館発行年月2006年03月ISBN9784642056090ページ数

楽天市場 by 庭園の中世史 足利義政と東山山荘/飛田範夫【もれなくクーポンプレゼント・読書家キャンペーン実施中!】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【送料無料】 庭園の中世史 足利義政と東山山荘 歴史文化ライブラリー / 飛田範夫 【全集・双書】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル哲学・歴史・宗教フォーマット全集・双書出版社吉川弘文館発売日2006年03月ISB

楽天市場 by 【送料無料】 庭園の中世史 足利義政と東山山荘 歴史文化ライブラリー / 飛田範夫 【全集・双書】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

庭園の中世史—足利義政と東山山荘 (歴史文化ライブラリー)
吉川弘文館
飛田 範夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 庭園の中世史—足利義政と東山山荘 (歴史文化ライブラリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

pio
2013年04月07日 14:09
初めまして。
故郷が載っていましたので、嬉しくなって、コメントをいたしました。
物外軒は、私にとっても、思いで深い場所の1つです。
織姫公民館の敷地内の奥に行くとすぐに、塀に囲まれた入り口が見えます。
地元でも、意外と知られていない穴場スポットではないでしょうか?
普段、有料なのですが、このブログを拝見して、期間限定の無料と知りました。
5年以上も前なので、今、どうなのかは分かりませんが、ちょうど、4月頃で、お庭も、良い雰囲気でした。
今年の4月の第2日曜日(4月14日)には、春のお茶会があるそうです。
公民館内で券を買って頂くことにはなりますが、物外軒(お濃茶席)や、隣接の家屋(薄茶席)に、誰でも(未経験者含む)入れますので、一服とお庭の散策を楽しむのも良いのではないでしょうか?
勿論、券を買わなくても、お庭の散策はできますので、人の出入りのある物外軒という、レアな風景を見つつ、お茶室、隣接の家屋、庭園をご覧頂けます。
期せずして、このブログを拝見できて、良かったです。

この記事へのトラックバック