花前線…足元に春の使者 福寿草 (東京新聞2013年2月14日)

【花前線】
足元に春の使者 福寿草
東京新聞2013年2月14日


◆足元に春の使者


画像

福寿草=提供写真


 ★四賀地区赤怒田の福寿草群生地(長野) 松本市の特別天然記念物に指定された群生地。約1.5ヘクタールの斜面で約50万株が自生する=写真。可憐(かれん)な黄色い花が、3月上旬~中旬に見頃を迎えそう。3月2~20日は「福寿草まつり」を開催。初日はトン汁とたまごかけご飯のサービス(限定300食)がある。長野自動車道安曇野ICから約20分。(電)0263・64・3115市四賀支所ゆうきの里づくり課

▼茨城
 ★県フラワーパーク(石岡市下青柳、JR常磐線石岡駅バス約30分)約2500平方メートルの福寿草園で約1万株が見頃を迎え、3月上旬まで。24日まで「春を呼ぶ福寿草まつり」。スイセンなどの鉢植え展示もある。3月まで入園料370円。(電)0299・42・4111同園

 ★童謡の森ふれあいパーク(北茨城市華川町小豆畑、JR常磐線磯原駅タクシー約20分)福寿草園で約1000の芽が咲き始め下旬に見頃。16、17日は「福寿草まつり」。鮮やかな黄色の「みちのく福寿草」やオレンジ色の「秩父紅」の鉢植え販売などを行う。(電)0293・42・3550ガラス工房シリカ

▼栃木
 ★花之江の郷(栃木市都賀町大柿、東武日光線東武金崎駅タクシー約15分)山ゾーンや郷ゾーンを中心に約150株が見頃で、3月中旬まで楽しめそう。花びらの形に特徴がある、オレンジ色の「ベニナデシコ」なども咲く。入園料500円。(電)0282・92・8739同園

 ★大田原市南方地区(同市南方、東北自動車道矢板ICから約60分)県道321号付近の個人所有の山の斜面に約1万株。黄色い花のじゅうたんが3月上旬~下旬に見頃。(電)0287・23・8709市商工観光課

▼群馬
 ★木馬瀬(ちませ)の福寿草自生地(安中市松井田町上増田、上信越自動車道松井田妙義ICから約20分)市の天然記念物に指定された群生地、県道33号沿いの小山の斜面に約3万の芽が花をつける。下旬~3月上旬に見頃を迎えそう。(電)027・382・1111市地域振興課

 ★中小坂虻田(なかおさかあぶだ) 福寿草の里(下仁田町中小坂、上信電鉄下仁田駅バス約15分「下虻田」下車徒歩約5分)3月下旬まで開園。地域のボランティアが育てた約10万株が下旬~3月下旬に見頃。3月2日は「福寿草まつり」。きのこ汁の無料サービス(先着300人)も。入園時、協力費300円。(電)0274・82・2111町観光協会

▼埼玉
 ★四阿屋山(あずまやさん)(小鹿野町両神、関越自動車道花園ICから約60分)中腹にある約3000平方メートルの福寿草園で、「秩父紅」など約5000株が3月上旬まで見頃。約300本のロウバイもあわせて楽しめる。(電)0494・79・1100町産業観光課

 ★ムクゲ自然公園(皆野町皆野、秩父鉄道皆野駅徒歩約15分)秩父の固有種「秩父紅」が約1万株。下旬~3月中旬に見頃を迎えそう。休憩所では、甘酒のサービスや鉢植えの販売がある。入園料500円。(電)0494・62・1688同園

▼東京
 ★国営昭和記念公園(立川市緑町、JR青梅線西立川駅徒歩約2分)梅やクリスマスローズなど早春の花が楽しめる花木園に黄色の花の約1000株が混じり合う。下旬~3月上旬に見頃を迎えそう。入園料400円。(電)042・528・1751同園

 <係から>今後の天候によって花の見頃が変わることがあります。お出かけ前に現地に開花状況をご確認ください。





早春の花フクジュソウ(福寿草)3種セット
園芸ネット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 早春の花フクジュソウ(福寿草)3種セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






フクジュソウ(福寿草):三段咲き3号ポット
園芸ネット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フクジュソウ(福寿草):三段咲き3号ポット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



山野草 福寿草 「寿(ことぶき)」 1芽「☆」
日本花卉ガーデンセンター
福寿草 寿(コトブキ)キンポウゲ科、学名 Adonis amurensis、開花期:春頃10.5セン


楽天市場 by 山野草 福寿草 「寿(ことぶき)」 1芽「☆」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



紅撫子(福寿草) 1芽「☆」
日本花卉ガーデンセンター
福寿草 紅ナデシコキンポウゲ科、学名 Adonis amurensis、開花期1月?3月。9センチポ


楽天市場 by 紅撫子(福寿草) 1芽「☆」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック