コウノトリ 公開始まる 野田、今月は市民限定で  (東京新聞2013年2月10日 千葉)

【千葉】
コウノトリ 公開始まる 野田、今月は市民限定で
東京新聞2013年2月10日



画像

交尾行動をするコウノトリのつがい=野田市で


 野田市が「コウノトリの里」づくりの一環として、江川地区で飼育を始めた国の特別天然記念物・コウノトリの一般公開が九日、市民限定で始まった。コウノトリの野生復帰と豊かな自然を再生させるため、昨年十二月に東京都日野市の多摩動物公園から譲り受けたつがいで、市民らは飼育員の説明を聞きながら熱心に観察していた。

 ガラス越しに観察した主婦藤本多美子さん(60)は「じっくり間近で観察するのは初めて。想像より体が少し大きかった」と話していた。

 記念式典も行われ、根本崇市長は「将来ここで生まれたコウノトリが、この野田で餌をたくさん食べられる環境にしたい」と述べた。多摩動物公園の田畑直樹園長は「野生復帰はまだ課題が残っているが、野田市が解決してくれるのではないか」と期待を寄せた。

 観察は予約制で、三月からは市外の人にも公開する。(川田栄)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック