制作12年 「版画平家物語」 鎌倉で大作展示

【神奈川】
制作12年 「版画平家物語」 鎌倉で大作展示
東京新聞2013年1月12日



画像

制作に12年かけた「版画平家物語」と井上員男さん=鎌倉生涯学習センターで


 「祇園精舎の鐘の声 諸行無常のひびきあり」の書き出しで始まる平家物語。平清盛の全盛時から滅亡するまでの歴史を、鎌倉市在住の版画家、井上員男(かずお)さん(80)が独自の技法で描いた「版画平家物語」展が十一日、鎌倉生涯学習センター(小町一)で始まった。入場無料。十四日まで。

 作品は、平家全盛から清盛の死去、一門の都落ち、源義経の一ノ谷の逆落とし、那須与一が弓を射る扇の的、壇の浦の合戦など十二のシーンを、それぞれ六折り(六曲)の屏風(びょうぶ)絵で表現。物語の詞書きと一対にした六曲十二双一隻の大作で、全長が七十六メートルに及ぶ。

 井上さんは、高校の美術教師を経て版画家として独立。樹脂をコーティングした厚紙に刃の厚みが異なるナイフを使い分ける緻密な線描と、紙やすりなどで濃淡をつけ、立体感と躍動感を出す「紙凹版」の技法を考案し、モノクロの独特な版画世界を生み出している。

 平家物語は、史実研究でイメージを膨らませて制作に着手し、十二年かけて完成させた。作品には三千四百人の人物、三百七十七頭の馬、三千三百二十七羽の鳥が丁寧に描き込まれ、義経や平敦盛など登場人物の名も記されている。

 現在、日本の城をテーマに制作を続けている井上さんは「縁あって一年前から、源氏が幕府を開いた鎌倉に住むようになった。ドラマチックで哀れさ、はかなさに満ちた平家物語の世界に触れてもらえばうれしい」と話している。 (斎藤裕仁)


井上員男の山の花―版画文集
木耳社
井上員男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 井上員男の山の花―版画文集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



井上員男の山の花 続―版画文集
木耳社
井上員男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 井上員男の山の花 続―版画文集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




井上員男の山の花 [ 井上員男 ]
楽天ブックス
版画文集 井上員男 木耳社発行年月:1982年11月 ページ数:145p サイズ:単行本 ISBN:


楽天市場 by 井上員男の山の花 [ 井上員男 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





井上員男の山の花(続) [ 井上員男 ]
楽天ブックス
版画文集 井上員男 木耳社発行年月:1984年07月 ページ数:157p サイズ:単行本 ISBN:


楽天市場 by 井上員男の山の花(続) [ 井上員男 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー サングラス

    Excerpt: 制作12年 「版画平家物語」 鎌倉で大作展示 知らない街を歩いてみたい/ウェブリブログ Weblog: オークリー サングラス racked: 2013-07-06 08:23