藤本順一、上杉隆の言いたい放談…安倍氏と石破氏が早くも手柄争い

安倍氏と石破氏が早くも手柄争い
東スポWeb2012年12月16日 10時00分


【藤本順一、上杉隆の言いたい放談】2012年12月15日掲載紙面から

 衆院選がいよいよ16日投開票を迎える。公示直前まで繰り返された合従連衡、離合集散での準備不足もたたり、自民党の圧勝、民主党の惨敗、第三極勢の失速の結末が見えてきた。本紙「永田町ワイドショー」藤本順一氏、元ジャーナリストで「NO BORDER」代表の上杉隆氏が決戦前夜、自民大勝の裏側を一足早く分析した。

 藤本:野田佳彦首相(55)が党首討論で突然の解散宣言をしたのが1か月前。あっという間に選挙当日を迎えますね。

 上杉:正直、全く盛り上がりに欠けた選挙ですね。各社の世論調査で軒並み自民党の大勝が予想され、どっちらけになってしまった。

 藤本:加えて、中央自動車の笹子トンネルの天井板崩落事故やM7・4の三陸沖地震、北朝鮮のミサイル発射、兵庫・尼崎の連続変死事件の角田美代子容疑者(64)の獄中自殺など国内外で重大ニュースが続いたことで、選挙報道一色にもならなかった。

 上杉:危機管理対応は政権与党側にとってプラスに働くところですが、藤村修官房長官(63)は「さっさと上げてくれればいい」なんて失言してしまう始末。民主党の獲得予想議席は公示前の230から50台の転落が予想されますね。1996年に結党した際が52議席でしたから、一度原点に戻った方がいい。「結党精神を思い出せ」と鳩山由紀夫風に叫びたい(笑い)。

 藤本:自民党内では安倍晋三総裁(58)と石破茂幹事長(55)との間で「オレがいたから勝ったんだ」と早くも手柄争いが起きている(笑い)。某一般紙記者が安倍総裁の事務所に行ったら秘書まで高ビーになっていたとか。

 上杉:勝ち過ぎるとおごりますからね。まあ300議席が高止まりで、揺り戻しが出てくるので60議席ぐらいは下げる可能性はありますね。

 藤本:予想が外れたのは第三極の伸び悩みです。中でも脱原発を掲げた日本未来の党は10~20議席との予想ですね。敦賀原発直下に活断層の可能性が高いとの見解が出て、脱原発勢には追い風となるところが、全く争点になっていない。これはちょっとショックともいえる。

 上杉:結果として、原発問題を争点にしないというメディア側のコントロールがうまく働いているともいえますよね。

 藤本:もちろんメディアの問題もあるし、争点にしようとした政治家側の戦術ミスもあった。脱原発を掲げる以上は中途半端な姿勢ではなく、ある種、極端に訴えないと響かない。ところがそれでは非現実的という批判を浴びるがために立ち位置が全く分かりづらくなってしまった。小沢一郎氏(70)が最後になって国会前での脱原発デモに参加したが、遅過ぎた。

 上杉:そもそも選挙中に各社が発表する情勢調査がどうかと思いますよ。選挙ではバンドワゴン効果とアンダードッグ効果といわれる2つの動きが出てくる。前者は勝ち馬に乗る動きで後者は判官びいき的な動きです。公職選挙法は特定の候補者への呼びかけを禁じているのに最も有権者の投票行動に影響を与える情報調査は報道の名の下で許されている。各社の調査は生数字を記載しないから公平とはいえない。

 藤本:新聞の場合、調査結果に独自取材を加味して情勢分析しますからよく外れる(笑い)。週刊誌の場合も候補者が選挙コンサルタントや政治評論家にお金を渡して◎にしたり、△にしてもらったり、似たようなものです(笑い)。まあ選挙は半分お祭りですから、政治談議のネタとして有権者に楽しんでもらえればいいんじゃないの。

☆ふじもと・じゅんいち=1958年、福岡県生まれ。新聞、雑誌記者を経て独立、取材執筆集団「メディアフォーラム」代表。「建設業界・談合が崩壊する日」「永田町奇譚 もしニッポンの総理が東スポを愛読してたら…」など著書多数。本紙で「永田町ワイドショー」好評連載中。

☆うえすぎ・たかし=1968年、福岡県生まれ。テレビ局、衆院議員公設秘書、ニューヨーク・タイムズ取材記者、フリージャーナリストを経て、ミドルメディア「NO BORDER」代表。近著に森達也氏との共著「誰がこの国を壊すのか」など多数。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック