東京新聞12月6日 親子でぶらり 学べるスポット…クイズでしのげ「72時間」 東京臨海広域防災公園

【親子でぶらり 学べるスポット】
クイズでしのげ「72時間」 東京臨海広域防災公園(東京都江東区)
東京新聞2012年12月6日



画像

体験ツアーの参加者は、クイズを解きながら、防災の知識が得られる=東京臨海広域防災公園提供


 案内の女性に促されて乗り込んだエレベーターがガタガタと揺れだした。12月の夕方、10階建てビルの最上階から地上に降りる途中で震度6強の地震に見舞われる。震災後の72時間をシミュレーションする体験学習ツアーはそんな想定で始まった。

 エレベーターは止まることなく、無事地上に。避難誘導灯に従って外に出ると、ビルや家屋が崩壊した薄暗い街並みに出くわす。ここから参加者は事前に手渡されたニンテンドーDSの画面を通じて出題されるクイズを解きながら、避難場所を目指すことになる。

 「火事発見時の正しい対応は?」「感電に注意しなければならないのはどんな場所?」

 不正解の場合は、詳しい説明が画面に表示され、クイズを解くことで防災の知識が身につく仕組みだ。

 クイズには大人用と小学生用があり、公園の山崎純一センター長によると「子ども用は多少易しくなっていますが、十分役立つ内容です」という。「地震そのものを学習、体験する多くの防災学習施設と違い、ここでは被災後、本格的な公的支援が始まるまでの72時間をどう過ごせばいいかを学んでほしい」

 子どもたちが近くの広場で遊べるよう、サッカーやバレーのボールの貸し出し(無料)を行うのも、「手軽なレジャーとして家族で訪れて」との気持ちの表れだ。今年から敷地内でバーベキューもできるようになった。「炭のおこし方も身に付けてほしいですね」と山崎さんは話している。(仁)

 ◇東京臨海広域防災公園 東京都江東区有明3の8の35 新交通ゆりかもめ有明駅徒歩2分。防災体験、防災学習施設「そなエリア東京」は入館無料。原則月曜休館。災害発生時には政府の現地対策本部が置かれるためヘリポートなども。(電)03・3529・2180

◆ひとこと
 教育評論家の親野智可等さんは、「こういう時節ですからぜひ。こういう場所に行けば、子どもの方が、『お父さん、うちは大丈夫?』と興味を持つようになり、会話のきっかけにもなりますよ」。


●足を延ばせば…
 ★東京ビッグサイト 江東区有明3の11の1 新交通ゆりかもめ国際展示場正門駅下車徒歩3分。日本最大のコンベンション施設。レストラン街や会議棟もあり、さまざまな催しが行われる。サイト内には9つのアートの展示も。

画像


 ★東京都水の科学館 江東区有明3の1の8 新交通ゆりかもめ国際展示場正門駅下車徒歩8分。水の不思議や大切さを科学的に紹介する体感型ミュージアム。入館無料。原則月曜休館。(電)03・3528・2366





大地震サバイバル きみならどうする?
美と健康のアンド〜
地震のときにどうすればよいのかを紹介する防災マンガ。地震の際に考えられる様々な危機に直面した場合の対

楽天市場 by 大地震サバイバル きみならどうする? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

大地震サバイバル★きみならどうする?(小学生以上)
美と健康のアンド〜
監修: 国崎信江 漫画: ユータ 地震のときにどうすればよいのかを紹介する防災マンガ。地震の際に考え

楽天市場 by 大地震サバイバル★きみならどうする?(小学生以上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

地震DS72時間
イオタ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地震DS72時間 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック