韓国料理が大好物の八代亜紀が月1回のペースで通う「和牛炭焼肉 上野手」(上野毛)

【タレントが通う店やってる店】
韓国料理が大好物の八代亜紀が月1回のペースで通う「和牛炭焼肉 上野手」(上野毛)
【芸能】
日刊ゲンダイ2012年12月22日 掲載



画像


煮えたぎる赤いスープに素材のうま味が凝縮!


画像


「舟唄」「雨の慕情」などで知られる演歌歌手の八代亜紀(62)。ハスキーで情念タップリの歌声でヒットを飛ばし、その一方で画家としても精力的に活動を続け、フランスの絵画展では5年連続入選を果たしている。


画像


 そんな八代の大好物は韓国料理。家族で月に1度は通っているというのが「和牛炭焼肉 上野手(かみのて)」だ。場所は東急大井町線の上野毛駅から徒歩3分ほどの環八通り沿い。新鮮な和牛を使った焼き肉に加え、本場の味にこだわった韓国家庭料理にも定評がある。
「唐辛子などの調味料を中心に料理に使う食材の半分以上は韓国から取り寄せている」とは同店の韓国人オーナー。本場の味にこだわりつつも、日本人の味覚に合わせ、辛い料理は一人一人の好みを必ず聞いて調理。そんな気配りも受けて食事時には常に満席になる人気店だ。

 八代が必ずオーダーするのは豆腐の入った辛い鍋料理「純豆腐チゲ鍋」(1250円)。韓国料理では定番のメニューだが、ここのチゲ鍋の特徴は、具の多さにある。ネギ、ニラ、ピーマン、ズッキーニなど10種類以上の野菜に加え、アサリや煮干し、豚肉など実に具だくさん。ヘルシーで食べ応えのある人気メニューだ。

 ぐつぐつと煮えたぎる赤いスープは口に含むと辛さはそれほど感じず意外にマイルド。ベースは牛のゲンコツだが、そこへ豊富な具材のうま味が溶け出し、何とも深い味わいだ。軟らかい豆腐のとろけるような食感も絶妙。ほどよい辛さが素材を引き立て、思わず箸が止まらなくなる逸品だ。

 八代は店を訪れると上タン、上カルビなど肉を一通り堪能し、シメに豆腐チゲをオーダー。具が多い分、なかなかのボリュームなのだが、ライス(230円)と一緒にしっかりと完食していくという。

 他にもV6の井ノ原快彦、瀬戸朝香夫妻など家族で利用する芸能人が多いこの店。肉のうまさにも定評があり、格闘技系のスポーツ選手にも人気がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック