甘めの赤味噌をつけて食べるおでん これが名古屋流立ち飲みの友

甘めの赤味噌をつけて食べるおでん これが名古屋流立ち飲みの友 
NEWSポストセブン2012.11.27 16:00



画像

【コの字型のカウンターにほろ酔いサラリーマンの顔が並ぶ】

 心が浮き浮きするほど多くの種類の酒が並ぶ店内。そのボトルのジャングルのような一帯を突っ切ると、ぱっと視界が開け、コの字型のカウンターが迎えてくれる。ここが『佐野屋』の立ち飲みスペースだ。

 とくに定休日もなく、毎日午前10時から営業しているだけあって、「口開けに寄らせてもらって、ビールと日本酒を1本ずつ飲む。いったん家に寝に帰ってだな、夕方になってまた来るんだ。350円でビールの大びんを飲ませてくれるところなんて、この辺にはないからねえ」と、かっぱの愛称で親しまれている笑顔のすてきな75歳の大御所と出会った。

 それでもやはり、「よいこのサラリーマンたちは、ちゃんと仕事を終わらせて、5時過ぎからお邪魔するもんですよ」と、ネクタイをはずした、ちょい悪風50代の発する優等生発言に、笑いながらうなずく客が過半数を占めている。

 現在の『佐野屋』は、専務を務める横田栄嗣さん(39)が、事実上の3代目として実務をこなしている。

「創業は、昭和元年と聞いています。名古屋市内の大手味噌だまり屋(味噌、たまり醤油の醸造元)『佐野屋』の三番番頭だった祖父が、暖簾分けの形でこの地に味噌だまり屋を開いたのが始まり。やがて酒屋に姿を変えて、昭和10年ごろには、立ち飲みも始めていたそうです」


画像

【赤味噌で旨さ際立つ8種のおでん関東煮】

 30人は一度に飲めそうな意外に広く、そして清潔な店内。その壁には、短冊形のお品書きが、行儀よくびっしりと貼られている。

 本日のおすすめ カレーコロッケ100円、豚玉葱120円などと、うまそうなうえにとんでもなく安いメニューばかりだが、そんな中で妙に秋波を送って来る気がするのが、おでん関東煮(かんとだき)と書かれた短冊だ。こんにゃく、大根、牛すじ、はんぺい(名古屋だけのさつま揚げ)など、8種類のたねの名前を読んでいるだけでも、なぜかそそられるのだ。

 カウンターにいるわけ知り顔のサラリーマンたちも、「食べてみたらいいじゃない」という視線。

 この立ち飲み部門は、横田さんは一切タッチせず、いかにも手馴れた雰囲気で、手際もテンポもいいパートのふたりのおねえさんが仕切っているのだが、作るのは彼女たち。

「名古屋のおでんといったら、味噌おでんなんですけどね。うちのは、ふつうの関東風のものです。違うのは食べ方なのよ。東京の人は辛子をつけるでしょ。でもここでは、砂糖と出汁を入れてコトコト煮込んだ甘めの赤味噌なんです。毎日、大鍋でおでんを煮込むんだけど、この味噌のせいか、必ず売り切れちゃいますね」

 さすが名古屋と言わざるを得ない。辛子ベースでは味わえない、尾張の関東煮だ。

「この甘い味噌をつけたおでんを食べながら、甘くないすっきりした飲み口の焼酎ハイボールを飲んでみたんですよ。合う。合います。どっちも引き立つ。やってみたほうが得だって」(44、公務員)


画像

【「立ち飲み文化が未熟な名古屋では貴重な店」(大竹敏之氏)】

 そんなやりとりの最中に、来合わせたのが、名古屋のことならなんでも取材するという、名古屋ネタライターの大竹敏之さん(47)。『名古屋の居酒屋』を上梓しているだけに、守備範囲は広く、知識も深いわけで、さすがにこの店もアンテナに捉えていた。

「名古屋は喫茶店文化が根付いてますから、立って飲む、立って食べる形態の店は、非常に少ないんです。そんな地域では、貴重な存在でしょう。こんなに歴史があり、繁盛しているのは、こういう店を欲している人が潜在的にいるということなんです」

 さらに適しているのが、名古屋人が持っている距離感だという。

「東京に対しても大阪に対しても、変なライバル意識がないんで、誰とでも和やかに話せるんです。大阪みたいにアクも強くないから、ひとりでも放っておいてくれるし、話しかければ、すぐに相手になってくれる。この距離感が立ち飲みには合っていると思うんです」

 午後8時を過ぎて、さらににぎやかに盛り上がってきた。

「いつもは今頃来るんだけど、今日は休暇が取れたんで、初めて5時前の明るいうちに来てみたんです。雰囲気が変わるし、遅くなるとなくなっちゃうつくねなどのうまいものがまだたっぷりあるし、やっぱりいいもんですねえ」(40代)

 どこの角打ち、立ち飲みの店でも見られた幸せそうな後姿で、その男も揺れながら帰っていった。ほんと、いいもんです。


画像

【昭和元年創業 名古屋・大曽根『佐野屋』】

■ 佐野屋
【住所】名古屋市北区大曽根3-13-13
【電話】052-991-8175
【営業時間】平日10時~21時(土曜、祝日~20時、日曜~18時)
【定休日】無休
焼酎ハイボール250円、ビール大びん350円、モヒートカクテル300円。つまみは、おでん(関東煮)8種類 各100円、鳥軟骨入りつくね140円、やきとり1本80円、ポテトサラダ120円





手作り 味噌おでん用こんにゃく 3ケ入り【でんがく味噌付き】
小林喜八郎商店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 手作り 味噌おでん用こんにゃく 3ケ入り【でんがく味噌付き】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


三島の串おでん6本入り串 おでん 田楽味噌付
株式会社栗原商店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三島の串おでん6本入り串 おでん 田楽味噌付 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック